評判のよい不動産屋を比較しました~目黒区編~

目黒区で理想の家を手に入れるための不動産屋選び完全ガイド

HOME » 目黒区の住みやすさをチェック

目黒区の住みやすさをチェック

東京都の人気エリア「目黒区」の住みやすさを、地盤・環境・安全面からチェック。住人の傾向やモラルについても考えてみました。

ホントはどうなの?目黒区の住みやすさを調査

目黒区は自由が丘に代表されるハイセンスな街並みが特徴で、柿の木坂や碑文谷、八雲などの高級住宅街が落ち着いた魅力を加えています。

また、東大・東工大などの有名大学があることでも有名な地域で、都立大学・学芸大学などの大学が移転した後も、駅名に名前が残されていることが、独特なインテリジェンスを醸し出していま す。

地盤の強さは?

目黒区は武蔵野台地の東部に位置しているため、区内のほぼ全域が台地で覆われています。武蔵野台地は関東ローム層という火山灰土で覆われ、地盤がしっかりしていることから地震に強く、住宅の地盤としては最適な場合が多いようです。

例外として、台地の側面が低地側に向かって傾斜している地域や低地の谷底部分では、住宅建設の際に、基礎補強工事が必要になることも。雨水や地下水の影響で、地盤が軟弱になっていることが多いようです。

目黒区に住む人の層

目黒区は30歳代から40歳前半の女性が住む比率が、東京都で最も高いエリアです。また20歳以上の高学歴者は男性、女性ともに多く、世田谷区に次いで都内第2位となっています。必然的に高学歴者のカップルも多いのが、目黒区の住人の特徴と考えて良いでしょう。

住宅の統計では借家の比率が都内で最も低く、一般の住宅地の平均地価は1坪250万円と高いため、所得によっては住みやすさの面で劣る部分があります。

高所得者にとっては、むしろ快適な環境が手に入りやすい地域かも知れません。

目黒区の魅力は「安心・安全」

目黒区の住みやすさや治安、安全面などをリサーチした結果、東京都内の中でも目黒区は総合的に住みやすい地域といえます。

東京都防災会議が行ったシミュレーションによると、東京湾北部で大地震が起こった場合の火災による焼失面積は、目黒区では区全体の27.6%という都内第4位の高い被害発生が予想されました。ところが死者数の予想では、23区内で最も少ない予想結果でした。

また交通事故の発生件数は都内第13位ですが、死傷者の発生率になると第22位で下から2番目という少ないものでした。

以上のことから、目黒区では大震災でも最悪の事態に至る可能性は少なく、人身被害につながる交通事故も起こりにくいと考えられます。このことは住んでいる人のモラルにも関連が有るかも知れません。

火災発生件数が都内最低であることや、火災の死傷者数は都内21位、犯罪の認知件数22位という数値が、それを証拠付けているのではないでしょうか。