評判のよい不動産屋を比較しました~目黒区編~

目黒区で理想の家を手に入れるための不動産屋選び完全ガイド

HOME » これで安心!初心者のための住宅購入ナビ » 優良不動産会社の見分け方

優良不動産会社の見分け方

マイホーム購入で失敗しないために良い不動産屋を選ぶためのポイントと、注意が必要な業者の見分け方について解説しています。

不動産屋の選び方3つのポイント

最近ではインターネットで希望の物件情報を探す方法が主流になりました。SUUMOやHOME'Sなど不動産情報のポータルサイトも充実して、家にいながら誰もが物件の最新情報を見られるようになったのは大きな進歩と言えるでしょう。

しかし、物件を取り扱う不動産屋の"姿"が見えにくくなってしまったことも事実です。

不動産購入で失敗しないためには、やはり不動産屋の選択から始めるのが安全でしょう。不動産屋の選び方のポイントは、以下の3点に絞ることができます。

  • 会社の信頼性
  • サービスの充実度
  • 物件の豊富さ

物件情報を検索して気に入ったものが見付かったら、その物件の取扱業者に問い合わせるという方法は、確かに合理的なように思えます。

しかし、不動産屋を自分の目で選ぶということを全くしていないわけですから、後々の契約や各種サポートのことを考え合わせると危険な方法でもあります。

会社の信頼性

不動産屋各社のホームページには売買取り扱い件数の実績や創業何年など、件数・年数を表示して「信頼の実績」としているものがあります。確かに取り扱い件数が多いほど売買の熟練度が高いと言えますし、長年の営業にはそれなりの経験が蓄積されるメリットがあります。

しかしそれをもって「信頼性」と呼べるかと考えれば、いささか疑問と言わざるを得ないでしょう。それでは信頼できる会社の選び方は、どうすれば良いのでしょうか。

「お客様の声」などの口コミ情報を掲載している不動産屋のホームページは多いと思います。もちろん自社のホームページですから悪い評価の口コミは掲載していないと思いますが、物件を購入したお客様の言葉を載せるのですから、本人が読む可能性を考えれば嘘を書いたり都合よく書き直すということはできません。

複数の「お客様の声」を読んでみると、会社の体質や担当者の人柄・雰囲気はどことなく伝わるものです。「いい会社みたいだな」と感じられれば、それを信頼性と解釈して全く差し支えないのではないでしょうか。

サービスの充実度

不動産売買に関わるサポート、サービスの内容は業者によってかなり違いがあります。物件売買の仲介をするだけで最低限のことしかしない会社もあれば、物件調査からファイナンシャルプランナーによる資金計画、有利な提携ローンまで全てのサポートを標準で行ってくれるところもあります。

不動産屋の仲介手数料は、「3%+6万円」(3,000万円の物件なら96万円)と、決して安いものではありません。

しっかりとサポートしてくれる良心的な業者を選ぶことが大切です。

物件の豊富さ

多くの不動産物件は一般媒介契約のため、一つの物件を複数の不動産屋が取り扱って購入希望者を探します。そのため一見すると、どの不動産業者でも同じような物件を扱っているように思えるのですが、業者によっては独自のルートから仕入れた未公開物件や専属専任契約でその業者しか扱わない物件を豊富に持っていることがあります。

このような業者の場合は希望の条件を伝えておくと、思い掛けない掘り出し物が見付かることも!未公開物件の取り扱い数に注目することも、不動産購入を成功に導く、大きなポイントだと考えられます。

こんな不動産屋にはご注意を!

不動産の購入は人生に何度もない大きな買い物です。それに見合った覚悟で慎重に行うことが、最も大切だと言えるでしょう。しかし最近の不動産会社のチラシなどをみると「頭金ゼロ!」「家賃並みの返済でOK!」など、誰でも簡単に買えるかのようなことが書いてあります。

これは業者によるセールストークで、そのようなローンを組むためには、ボーナスを全て返済につぎ込まなければならないでしょう。

現実味のない誘い文句で購入心理をくすぐろうとするのは、良心的な不動産業者ではないと自ら白状しているようなものです。

このようなチラシを撒く業者には、引っ掛からないように注意してください。